目的地に早く着いてしまったときの対処法。

打ち合わせのアポの時間を誤り、1時間も早く目的地に着いてしまいました。近場にサンマルクカフェを見つけて一息つき、座ってできる雑用を済ませ、残り10分でブログが書けるか。ちょっとやってみます。お題はこうして「目的地に早く着いてしまったときの、3つの対処法」です。

1.喫茶店で時間をつぶす
ぼくが一番やる方法がこれです。目的地が都内だからできることかもしれません。ちょっと郊外ではこういうわけにはいかないかも。見つけたらこうしてPCを広げるもよし、文庫本を読むもよし、SNSをチェックするもよし。なんやかやであっという間に時間が経ちます。

2.周辺を歩く
寒い冬場は厳しいかもしれませんが、これがいろいろ発見があるんですよね。それこそ喫茶店から面白いショップやスポット、バス停のチェック(都バスか私バスか、どこからどこまでか、時刻表=1時間に何本か、などなど)、マンウォッチングまでさまざまです。

3.書店に入る
周辺の書店があれば、の話です。書店に入ったら特に目的なく、店内の棚を見て歩きます。そこで買いたい本が見つかれば買い、買わずとも情報の仕入れにはなります。リアル書店が漸減している悲しい現状の今、これがいつまでもできるといいのですが。ターミナル駅周辺には必ずといっていいほど存在しますが、少し離れた各駅停車のみ停まる駅の周りにどれくらいあるか。

というわけで10分の予定が5分オーバー、15分経ってしまいました。とりあえずサンマルクカフェを出て、アポに向かいます。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性