500記事目で孤独を思う。

テーマのある記事を書きたかったけど、今日はネタがないので(毎度か)マイルストーン記念投稿。はい、今回で500記事達成です。ここではウイスキーを中心としたお酒ネタを柱に、好きなこと、思ったことを書き連ねています。SNSなどで全く拡散させていないけど、おかげさまでアクセス数は徐々に伸びていまして……。訪れてくださる皆様、本当にありがとうございます。

ブログっぽく、キャッチや目次をつけて、いろんなレビューやらアドバイスを書く。そういったブログっぽい書き方は自分はどうやら性に合わないようで、キホン雑文です。「人に読まれる」ことは意識していますが、「調べもの(検索)で来てくれた人の疑問や問題を解決するぞ」みたいな高い意識は希薄です、ごめんなさい。

個人的に。自分時間の拡充は相変わらずの課題ですが、ここ2年くらいで本業の比重が感覚的に2割は薄らいだと思います。そのプラス要因のひとつがブログであることは言うまでもありません。ブログを始めてみると、違った世界が開けてきます。これは断言できます。書くテーマはなんだっていい。いや、テーマの有無すら関係ない。内省や日記でいいのです。自分の考え方の整理する場でもありますから、ブログって。プラットフォームは独自ドメインだろうと、はてなやアメブロだろうと構いません。忙しい、時間がない、そんな人にこそ先ずは「何かを外に向けて書く」ことをお勧めしたいです。

さてブログを継続することで、少しずつ自分の時間が広がってきたのは良いのですが、今まで特に意識しなかった悩みが出てきました。それは、今まで以上に「寂しがりや」になっていることです。一人の時間が大好きなのですが、どうしようもなく孤独を感じることがあるんですよね。これはグループで過ごしたり、友達と遊んでいて解決できる類ではありません。

んー。HIDEOUT CLUBのBAR訪問記でも書いたのですが、寂しがりやの人見知りってタチが悪い。「寂しがり」に加えて、人間と場が織りなす「雰囲気」というものがキーワードになりそう。これからは酒そのものだけでなく、酒場についてもきちんと書いていくつもりです。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性