無理やりでも気分転換を。

全くと言っていいほど出かけられてません。
海外なんか論外、国内旅行どころか近所への外食でさえ。
BARで飲むのがこんなにご無沙汰になるとは……。

もう、首相と取り巻きや都知事にうんざりで、重要な決め事をするこいつら爺婆の無能さに白目をむくばかり。
「憎まれっ子世にはばかる」とは言ったものですなぁ。
でも選んでいるのが国民・都民なんだから、笑えないジョークです。
娯楽のないかわいそうな権力者に、これ以上付き合ってられません。

ので、ひと月に1回

自宅以外で宿泊

してみます。

ホテル中心になると思いますが、高級なところには泊まれる予算はありません。
とはいえご時世ゆえホテルは安くなっているので、このタイミングで便乗しちゃおうかな、と。

自宅からスムーズに行ける都心の宿が中心になると思います。
流行りのデザインホテルもいいのですが、落ち着けて、ちゃんと寝られるのが良いかな。
最近コンセプトのユニークさにつられて泊まったので、もう少し選ぶつもりです。

こうやって、自分の体の空気を入れ替えないと、仕事にも悪影響を及ぼしそうなんでね。
在宅勤務が続いて外出機会が激減、施設は都の休業要請を受けて開いてない。
土日になんとか娯楽を取り戻すので精一杯なんて、どうみてもおかしい。

室内の窓を開けるだけでなく、身体の空気も入れ替えましょう。

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人|ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート|SMWS会員|訪問したBAR国内外合わせて200軒超|会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年)|ひとり歩き|健全な酒活|ブログは不定期更新2,000記事超(2022年11月現在)|ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性