エンゼルス・大谷翔平投手の活躍に期待大。

珍しく、というか初めて野球話。ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手(ピッチャー=投手で限定して呼びたくないですね)、いきなり3ランHRです。ド派手な本拠地打者デビューを飾りましたね。

投手としてまず1勝、打者としてまず1HR。チームはもちろん勝利優先であり、どう使うかは成績次第であることはわかりますが。球団には二刀流として起用し続けてほしいなぁと思います。やれMLBはパフォーマンスを最大化するため投打どちらかに絞るだの、やれどちらかでないと大成しないだのという意見を見かけますが、まずやらせてみなよと言いたい。やる前から外野がああだこうだ言ってどうする。

可能性すらも否定で入るのはよそうよ。やってみなきゃわからないじゃん。大谷投手は日本での実績は十分なのだから、むしろ可能性があると思うけど。可能性とは具体的に言えば、1918年にベーブ・ルースが記録した「10勝・10本」であり、MLB最優秀投手に与えられるサイ・ヤング賞のことです。

まずは名刺代わりの1勝と1本。長丁場のシーズンで彼が活躍すればするほど、マークがきつくなっていくのは自明。ルースの記録破りがかかるとなると、いい目で見ない人もいるでしょう。MLBがいくら多様な国から精鋭が集っているとはいえ、日本人となればなおさらです。

投手として研究され、打者として厳しい攻めに遭う。そのときに真価が問われます。でも大谷選手には、松井秀喜以来の器の大きさを感じます。なんというか、最近お目にかかれない「どこまでやってくれるんだろう」とワクワクさせられるプロスポーツプレイヤーなんですよね、大谷選手は。まさに今、そしてこれからも注目したい。久しぶりにMLBのサイトや情報を気にすることになりそうです。

それにしても下記サイト、Getty Imagesの写真が素晴らしいですね。動きがあってインタビュアーの弾けるような笑顔が、現地の興奮を伝えてくれます。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性