ブログ、原稿、企画書、アイデア、どこで書くか。

前回の続き。物を書く環境は大事という話です。僕の場合それは自宅ではない。ではどこか?

1.喫茶店、カフェ
ここが最も環境に適してます。個人的見解として、混んでなければ(プラス空き待ちで並んでいる人がいなければ)長時間いることもOKですが、追加注文はマスト。コーヒー1杯で3時間以上粘ることはしません。

どうしても長時間原稿に向かう必要があれば、喫茶店を移動するのです(これ、けっこうやってます)。

2.移動中
電車や(たまに)バスなど公共交通機関での移動中です。都内の移動では基本的にツールはiPhoneです。吊り革につかまりながら、片手で打ちます。ストレートネックに気をつけて。

3.職場
あまり大きな声で言えませんが。ちょっとしたニッチタイムや仕事終わり(=退勤の記録後)に、iPhoneでフリック入力してダーッと書いちゃう。スマホの類をあんまり長い時間使っていると、クレームをつける人がいるので(イマドキほんとです)要注意ですが。

ちなみに自宅で書くときも、もちろんあります。そのときしか空き時間がないとか、ものすごく静かであるとか、たまたま気分が乗ってきたときとか。いわば背に腹なシチュエーションですね。

いずれにせよ、一人の時間の確保が必要。職場での更新は、比較的自由度の高い勤務スタイルでない方にはお勧めしません。誤解されないよう十分な注意が必要です。

とにかく書かない&やらない理由を付けて、自己正当化するのは止めようと。諦めずに考えを巡らせ、文字にする。そのプロセスに特段の面白みはありませんが、結局そのシンプルな繰り返しです。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性