グレンファークラス18y。寒い時期にじっくり行きたいシングルモルト。

自宅飲みシングルモルト更新。近所のリカーマウンテンで購入しました。通常価格より約1,000円も安い5,480円(税込5,918円)と、なんとまあお買い得。

グレンファークラス18y

  • 香り…中程度でだんだん立ち上る。最初は藁半紙のようなもっさり感。その後バターパンケーキ、昔ながらのカスタードプリン。
  • 味…ウォーミーで甘く、オイリー。シナモンロール、オレンジピール、レーズン。若干の黒胡椒を残しつつ余韻は中程度。
  • 総評… スィートで飲みやすくも、物足りなさは全くない。洋菓子と一緒に、読書や映画など長時間のお供にも。
  • 次に飲むのは?…ダルウィニー15y。

グレンファークラス18年 リッターボトル

グレンファークラス18年 ラベル

グレンファークラスは10年、12年、15年、17年、21年、25年、30年、40年という年数展開。加えてサッチャー英元首相が愛飲していた説もある、カスクストレングスの「105」というボトルもあります。

この18年は正規のラインナップにないんですよね。リカマンのオンラインショップによれば、免税店向けの限定品とのことで道理で。リッターボトルからして納得です。

自分の中で「家飲みは5,000円まで」とゲーム感覚で酒屋さんをチェックしてますが、5,000円超えのこのファークラスは値引(並行輸入品ゆえ)の誘惑に負け、つい買ってしまいました。

アロマ・フレーバーは全体的に糖蜜的な甘みが支配し、暖炉の前でいただくウイスキーのイメージにぴったり。春から夏にかけてというより、冬場に飲んだほうがよりマッチするかと思います。

上記の通り、正規品で熟成年数をこれだけ細かく刻んでいるグレンファークラスです。後日15年から25年まで細かく飲み比べ、こちらに所見をUPしていきます。