リニュアルした東大の学食でランチ。

2018年4月2日にグランドオープンした東京大学本郷キャンパスの学食=本郷中央食堂(学外の人も利用可)に行ってきました。きれいで激安、味も悪くない。職場の近くにほしいと思ってしまうくらい気に入りました。

東大本郷学食入口

本郷中央食堂は安田講堂の下に位置します。正門を入って5分も歩けば到着。僕は足を運んだのは平日の金曜日、14時過ぎです。ピークタイムは過ぎていましたが、それでも席(カウンター、テーブル席合わせて約300席=1階のみ)の8割は食事中の人で埋まっていました。どのみち11時30分から13時30分までは学生と教職員優先ですので、ランチタイムの真ん中は避けたほうがいいです。

安田講堂の後ろ側、第二購買部寄りのの入口にはこんな看板が出ています。

東京大学本郷中央食堂

東大本郷キャンパス学食

正門側から地下に入ると長い渡り廊下が。正面にプロントがあります。リニュアル以前は白熱灯系の照明でやや薄暗い印象でしたが、今は自然光も取り入れた開放的な明るさが広がる空間となってます。階段を降りて見上げると、有機的なカーブと高い天井がひときわ目を引きます。

東大本郷食堂廊下

東大本郷中央食堂の入口付近

メニューも「定食(タニタ定食もあり)」「丼もの(名物赤門ラーメンなど麺もあり)」「アラカルト(カフェテリア)」「ビュッフェ」に分かれ、ハラル食を提供するコーナーも。さらにオムライスの「ポムの樹」(ランチ14時LO)、2階にはコーヒーや軽食が楽しめるプロントが入っています(112席)。

東大本郷中央食堂カフェエリアのメニューボード

東大本郷中央食堂のメニューボード(丼もの)

東大本郷中央食堂のメニューボード(ポムの樹)

メニューボードを見て5分ほど悩んで、オムライスにしようと思ったら14時でちょうど店じまい。結局、ササミチーズカツをおかずに、お味噌汁、麦ごはん、オクラのおひたしを選びました。これ全部で515円。信じられない安さ! さすが学食です。レジは6台もあって導線もスムーズです。

ササミチーズカツ(東大本郷中央食堂)

東大学食でリーズナブルなランチ

僕はテーブル席で一人飯でしたが、壁際にカウンター席もあり、当然おひとりさまも多数でした。ピークを過ぎた時間だからでしょうか、食事を終えてそそくさと立ち去る人だけでなく、歓談中の人、ノートパソコンに向き合っている人、書き物をしている人などさまざま。外国人留学生らしき人も多く見かけました。

最高学府の人たちの胃袋を支える、といっては大袈裟でしょうが。メニューに幅があり、提供までが速い。おまけに安いとなれば(安さが味を補っている)、ちょくちょく顔を出したくもなります。次回以降、別のメニューも試してみます。

東大本郷中央食堂の惣菜コーナー

東大本郷中央食堂「ポムの樹」

東大本郷中央食堂のタニタ定食

中央食堂の内部は学内広報(PDF)が参考になります。メニューの一部はこちら(PDF)でも。