冬にじっくりいきたい、プレミア感のあるトマーティン。

前頁の続きです。二杯目はこちら。

モルツオブスコットランド トマーティン20y 12/1988 53.7%

  • 香り….カスタード。マーマレード。おがくずような粉っぽさも。
  • 味…蜜のようであり、麦芽ようでもある甘さとコク。ダークチョコ。後口はドライ。フルボディ寄りのミディアム。
  • 総評…まさに冬向け。ストーブの前や焚き火でも囲みながら、ゆっくり傾けられたら最高。
  • 次に飲むのは?…オーバン14y。微かに煙いのがほしくなりそう。

@カクテルワークス神保町店

モルツオフスコットランド トマーティン20

 

ドイツのボトラーズ、モルツオブスコットランド。調べると「エンジェルズチョイス」(=天使の分け前)という限定ボトルをリリースしているようですね。日本ではエイコーンが輸入代理店です。このトマーティン、非常にリッチな仕上がりですが、食後のデザートというよりはポトフやシチュー、そのほか鍋料理に合いそう。お値段を聞いてハーフでもらいましたが、十分に楽しめました。

スコットランド旅行の話をしたら、エジンバラグラスで出してくれました。小ぶりなのに、どっしりと重みがあって…。むふふ、こういう演出うれしいなー。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性