明るい未来を予感させる、イチローズモルト 秩父 2008。

イチローズモルト 秩父 モルトドリームカスク 2008 for 洋酒博物館

2008年の稼働開始から10年以上経った秩父蒸溜所。その記念すべき年の樽出し原酒、イチローズモルト初のシングルモルト10年をいただきました。

イチローズモルト 秩父 モルトドリームカスク 2008 for 洋酒博物館 63.1%

  • 香り…甘く、木の香りが主体。メレンゲ、クリーム、りんごを経て、押し寄せるフルーツコンポート。
  • 味…スイート。からし醤油、アップルパイ。後半に水飴のようにもなり、刺々しさは皆無。
  • 総評…バーボンバレル熟成ゆえの飲みやすく、クリーンな印象。今後のイチローズモルト10年以上の熟成に期待が高まる。

@洋酒博物館

イチローズモルト 秩父 モルトドリームカスク 2008をテイスティング

「モルトドリームカスク for 洋酒博物館」と刻銘されているように、銀座のBAR、洋酒博物館のプライベートボトル(ボトリング数168本)です。

洋酒博物館オーナーバーテンダーで、NPO法人プロフェッショナル・バーテンダーズ機構(PBO)チェアマンでもある北村聡さんによるオーナーズカスク。一般には出回りません。

秩父10年をいただくのは、2018年のウイスキーフェス以来です。当時は体験そのものがお祭りでしたので、今回改めていただけてうれしいかぎり。

で、こちらの10年。「いやぁ、うんまいなぁ」と思わず呟いてしまいました。秩父のプレーンな魅力の詰まったシングルモルト、とでもいいましょうか。

どちらかといえばクセもなく飲みやすい。気の早い話ですが、今後12年、15年それ以降と熟成を経た暁に、どのように変化しているのか。楽しみに待ちたいと思います。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性