「まるでバーボン」は本当か? ジョニーウォーカー トリプルグレーン アメリカンオーク10年。

自宅飲みブレンデッドウイスキー更新。近所のリカーマウンテンで購入した、「ジョニーウォーカー トリプルグレーン アメリカンオーク10年」です。アルコール度数41~42%。出だしのインパクトもスモーキーさもさほどでもありませんが、最初のひと口でジョニーウォーカーとわかる特徴があります。

表ラベルに英字記載されているように、コーン、小麦、未発芽大麦のグレーン3種類とアメリカンオークで10年以上熟成したモルト原酒を使用しています。公式サイトによればモルトウイスキーにはカーデュやモートラック、グレーンウイスキーにポートダンダスなどを用いているようです。

ポートダンダス蒸留所は2009年に閉鎖。スペシャルリリースの20年物やシグナトリーなどボトラーズ発のシングルグレーン版を見かけたらラッキーなウイスキーといえそうです。

「まるでバーボン?」はリカマンさんの店頭ポップの文言ですが、そこまでのバーボンらしさ(特有の荒々しさ、アルコール感やよく形容される溶剤臭、ジャムっぽさ)は全く感じず、強いていえば樽由来のバニラ香を感じさせるくらい。

ジョニーウォーカーの「ブレンダーズバッチ」シリーズとしては、「ワインカスクブレンド」のほうがより味も香りも特徴的。ですが、本来のジョニーウォーカー的個性を求めるのであれば、意外にもこちらのトリプルグレーンに理があると思います。

お値段は1,700円前後と、ジョニーウォーカーらしいコスパの良さです。普段ジョニーウォーカーを好んでいる人が、たまには目先を変えようかというときにOKといえそう。とはいえ、一応数量限定(約7,500ケース)なのでご注意を。目にしたときに迷わず購入するのが一番です。

自宅飲み ジョニーウォーカー トリプルグレーン

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性