ハイランドパーク12y。どんよりと曇ったアイランズモルト。

前頁の続きです。スタンダードに選択と集中を。意外にこれも飲まない銘柄なのですよ、どういうわけか。

ハイランドパーク12y(ハイランドディスティラーズ)

  • 香り…どっしりとしたピート感。麦っぽさ。アーモンド、ナッツ。
  • 味…飲みやすいミディアムボディ。辛子醤油。余韻も甘辛い。
  • 総評…強めの香りとは裏腹に、味はさほどクセがないけど、飲むほどにボディが弱くなる。どっしり→どんより、って感じ。
  • 次に飲むのは?…ロングロウ。一気に南下してキャンベルタウン製のべヴィスモーク(フェノール値50ppm)に行ってみては。ハイランドパーク同様、フロアモルティングを自前で行う貴重な蒸留所だし。

@カドヤ黒門町スタンド

ハイランドパーク12

オークニー諸島メインランド島のカークウォール。スコットランド最北(北緯59度)の蒸留所のスコッチです。以前出席したテイスティングセミナーで、ブラインドで出されたうちの一つがこれ。出席者の中で銘柄を当てた人、ぼくも含めていなかったのですよ。これがタリスカーやラガヴーリンのような特徴的なものなら、まだ当てられるのですが。ハイランドパーク、どういうわけか影が薄い。知名度は抜群なのに、ディアジオのお酒のようにブランドイメージがないのですよ。もったいないなぁ。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性