アマハガン エディションNo.3、ミズナラの個性よりも調和重視的な。

ジャパニーズウイスキーの定義付けがなされ、日本の一部メーカーから海外の原酒と日本の原酒を混ぜたワールドブレンデッドが出されるようになりました。
そのひとつの長濱蒸留所のこちらはブレンデッドモルト。
熟成の浅さと若干のピーティが不思議と調和して、これはこれでアリですね。

アマハガン エディションNo.3(AMAHAGAN World Malt Edition No.3) 47%

  • 香り…華やかないっぽうで金属的。ほのかにピートと硫黄、果樹園のプランター。
  • 味…軽めのミディアムボディ。麦芽の甘さ、人形焼。ねっとりとした後口で、余韻は短い。
  • 総評…ミズナラに由来する東洋っぽさよりも、内陸系ピートが淡く混じっている感じ。さじ加減を凝らした調和が感じ取れる。

81点

@カドヤ黒門町スタンド

アマハガン エディションNo.3をテイスティング

長濱蒸留所は2020年からシングルモルトをリリースしており、このワールドモルト第3作はそれに先駆けて2019年9月に発売。
海外のモルト原酒に長濱のモルトを混和させた「Edition No.1」をもとに、日本産のミズナラ樽で後熟させたもの。
……とはいうものの、ミズナラ特有の白檀チックなテイストは、それほどでも。
キャラクターはどれも控えめで、むしろほんのりと内陸系ピートを感じられたのが面白いです。

長濱蒸留所のシングルモルト、未だありついていないので、ちゃんと探さないとな……。

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログはほぼ毎日更新1,700記事超(2021年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性