「首相の動と静」が分かる新聞の小欄。

いつもブクマしているページを訪問しに行くように、新聞を開くと見てしまう欄があります。一面コラムともうひとつ、「首相の1日」欄です。一般紙各紙たいてい2面の下段に載っています。

その日、総理大臣が「何時から」「誰と」「どこで」「何をしているか」が一目で分かります。政治面は読み物以外素通りしてしまうことが多いけど、この欄だけはいろいろ想像をかき立てるものがあるんです。

・移動時間が速い
都内にせよ地方や海外に行くにせよ、あり得ない移動時間の短さです。当たり前ですがSPの警備が張り付いていて、自動車でも猛烈なスピードで目的地まで移動します。その間のスピードと最短ルートを想像するのが楽しい。

・空白の時間がある
むかしは分刻みで公開されていた気がしますが。最近は4~5時間、総理大臣が何をしていたか不明な時間もあるんですよね。何しているのか、分かるはずもありませんが。想像するのみですね。

・休日の様子が分かる
ゴルフとか映画鑑賞とか。安倍さんは年末になると六本木のホテルにこもりますね。確か麻生さんのときは、BAR通いしていたのをバッシングされてましたっけ。意外なほど公開しているときもあって、「へぇー」となります。

ま、相変わらず「だから何?」の話ですが。ちなみに各紙に週1くらいで掲載される皇室ダイアリーみたいな連載も、よく目を通します。裏側というか人物の横顔が分かる読み物や映像って、好きなんですよね。官邸の公式発表に寄るところが多いと思いますが、一国を担う人の激務の一端が分かる貴重な日誌と思います。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性