台湾ウイスキー、オマー。5000円切りシングルモルトの注目銘柄。

自宅飲みシングルモルトを更新。今回近所のリカーマウンテンで買ったのは、台湾の南投蒸溜所の「オマー(OMAR)」です。

ぼくの場合、自宅飲みシングルモルトは「700mlボトル5,000円以内で美味しいもの」がひとつの基準です。このオマーは4,500円(税込4,860円)ですから、チャレンジとしてはうってつけ。それにウイスキーフェスティバルで試飲して、きちんと試したいと思っていたんですよね。

オマー バーボンタイプ 46%

  • 香り…アソートキャンディ、レモンピール、メイプルシロップ、樽香。後半にキウイ、ウスターソース。
  • 味…軽いボディ。キャラメル。ややナッツ。加水してバナナ、マンゴー。
  • 総評…南国フルーツを思わせる、台湾ウイスキーらしい亜熱帯テイスト。複雑にして多様な甘さが光る。
  • 次に飲むのは?…カバラン バーボンカスク。と言いたいところだが、ラム酒やテキーラにスイッチするのが良いかも。

OMAR バーボンタイプ

オマー バーボンタイプラベル

2008年設立の南投蒸溜所。来年2018年で10周年を迎えます。台湾最初のウイスキー蒸溜所であるカバランは、最近お値段的に過熱気味の様相です。

近い将来このオマーもどうなるか分かりませんが、熟成5年未満でこの内容とあらば末恐ろしいものを感じます。カバラン同様、メジャー化は時間の問題でしょう。

若いウイスキー好きとしては、今しか出回らない、このニューポッティーな感触を楽しんでおきたい。要注目です。

【2018年6月4日追記】
「オマー シェリータイプ」もテイスティングしてみました。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性