ブルイックラディ11年リヴザルトカスク、ワイン樽の妙味。

ブルイックラディ11年リヴザルトカスク

フランスのリヴザルトワインカスクを使った、ブルイックラディの日本限定ボトルです。
ワイン樽のモルトのイメージとは異なる、ユニークな仕上がりでした。

ブルイックラディ 2008-2020 11年 リヴザルトカスク(Bruichladdich 2008-2020 11 Years Old Rivesaltes French Wine Cask)52.9%

  • 香り…エメンタールチーズと塩おかき、ビスコッティ。後方にブドウ棚やハリエニシダも。
  • 味…始終フルーティというかフルーツグラノーラ的。シロップに浸かった洋梨、マスカット、ライチなどの果物。
  • 総評…個性派。乳酸や果実がわんさと出てくる。ワイン樽の意外な側面が出ている様相。

85点

@Heather Honey

ブルイックラディ11年リヴザルトカスクをテイスティング

店主がオフィシャルのスタンダード(クラシックラディ)と少し飲み比べさせてくださったのですが、違いは一目瞭然。
スタンダードは協調性抜群で、リヴザルトカスクは乳酸系の押し出しを感じます。

ブルイックラディ蒸留所は「マイクロ・プロヴェナンスシリーズ」という、いわばシングルカスクの実験的ボトルを続々と出しています。
原料となる大麦の種類はもちろん、熟成年数、製造年(蒸留年)、樽材の種類、ウエアハウス(熟成庫)の場所や環境、気候の変化など。
アイラ産にこだわるジム・マッキューワンさんのポリシーが窺える試みです。

これらの実験が後世にどう影響し、新たな定番が生まれるのか楽しみに待っておきます。

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログはほぼ毎日更新1,700記事超(2021年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性