ラフロイグ ブローディア、後半の和テイストも楽しい。

ラフロイグ ブローディア ポートウッドフィニッシュ バッチ2

アイラのシングルモルト、ラフロイグで日本で正規として販売されているのは、現在「ラフロイグ10年」「ラフロイグ セレクト」です。
が、本家本元のサイトを覗くと、多数のラインナップが見渡せます。
そのラフロイグのバリエーションの一つ、ブローディアをいただきました。

ラフロイグ ブローディア ポートウッドフィニッシュ バッチ002 48%

  • 香り…強い。もろヨードチンキ、ゴム。後半に饅頭の皮、アイスモナカ、抹茶。
  • 味…意外なライトボディ。ごま油、鮭とば、仁丹。徐々に甘みが淀んでくる。余韻は長めの燻煙を伴う。
  • 総評…良きにつけ悪しきにつけ、”一本調子”と言われがちなラフロイグの意外性。ゆっくり味わうほどに、なぜか和のテイストも。

@ 燐光

ラフロイグ ブローディア ポートウッドフィニッシュ バッチ002をテイスティング

ブローディア=BRODIRとは、ノルウェーでbrother(兄弟)の意。
2012年から1年ごとにで発売されているシリーズで、欧州の空港ほかで販売されている免税店向けボトルです。
バーボン樽で熟成後、酒精強化ワインである甘口ルビーポート樽でフィニッシュされているそうです。

なるほど、入口こそ、ラフロイグ特有のヨーチン……薬品香、正露丸攻撃にむせびますが、徐々に和菓子を彷彿させます。
饅頭とか、きんとんとか、濃茶の主菓子のような。
後半になるにつれ、そんなしっとりとした甘さを伴って、去っていきます。

スモークの柱はしっかりしつつ、長熟ボトルのほかにも、多様な変化球のアソビをもつラフロイグ。
見つけ次第いろいろ飲んでいこうと思います。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性