モレスキンに目標を書く儀式。

持病の薬をもらいに病院に行き、来年の手帳を買い&その手帳に目標を書き込み、年始に読む本を漁り。そんなことを、ラスト1週間で追い込みかけてこなしました。ふー、なんとか年内に束ねられた。

ここ数年はこれらを多少余裕をもって実行できたのですが、今年は状況がそれを許さなかった。それくらい変化が激しい。変化の内容も、変化のスピードも。

振り返ると、「正直この揺れは要らなかっただろう」と思うこともありますが、今ここから俯瞰すると、結果的にやりたいこと&やるべきことを成すための道だった。そう捉えられるんです。

ふと思い立って、1年前=2017年のモレスキンをたどってみたんだけど。たった1年前の出来事なのに、「こんなことしてたんだな」と、まるで遠い昔のよう。

手帳に記入する目標は、あんまり毎年変化がありません。儀式のようでもあります。継続と微調整、この繰り返しです。たったこれだけですが、ひじょうにゆっくりした速度ではあるんだけど、わが身が面白いことになっているのは確か。

目にははっきり見えない。けれども地下に潜むマグマのうねり、熱さを感じつつ……。

2019モレスキンも名入れ

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

紙もウェブもやる編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性