バランタインFINESTに感じるスコッチのクオリティ。

自宅でバランタインFINEST

昨年暮れから1月にかけて、自宅ではウイスキーを飲んだり、日本酒を飲んだりと、いろいろです。で、ウイスキーは、バランタインFINESTが3巡目に入りました。もうまもなく、それもなくなるので次を考えねば。

FINESTについては、初めて飲んだときの印象を書きました。そのときは「軽い」くらいの後味でしか感じませんでした。が、最近このFINESTが普段飲みとして十分に美味しいとしみじみ思うんですよね。

スコッチの何がすごいって、たくさんありますが。そのひとつに、

安価でも一定のクオリティを維持しているところ

も文句なく挙げられます。

このバランタインファイネスト、ティーチャーズ、ホワイトホース、フェイマウスグラウス、ジョニ赤……。

税抜980円~1,600円くらいでも、味が(ほぼ)安定した、どれも穏やかな飲み口のウイスキーなんです。

同じ価格帯でジャパニーズやバーボンを探しても、同等の質のウイスキーはないんですよね。サントリーの角瓶、メーカーズマークやジャックダニエルといったアメリカンも2,000円~3,000円台ですよね。

もちろん、この考えには「否」という人もいるでしょう。ぼくは外飲みでは特別なものをいただきつつ、自宅でお気楽に味わうのは、「安くて(できるだけ)いいもの」でいいと思う。ガブ飲みだしなぁ。

家で上等なモルトを飲めれば最高ですが、それは記念日とか、大きな仕事をしたときとか、そういうハレの日に空ける酒として取っておきたいな。上等なモルト、レアボトルが入手できたら? 自分自身にそれを「飲んでよい」と許可を下ろせるくらいの、いっぱしの男にならなきゃねぇ。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性