ベンロマック2011 ウイスキーフープ向け、骨太スペイサイド。

ベンロマック2011 シングルカスク

ラベルを一新したベンロマックの2011年蒸留シングルカスク9年をいただきました。
日本の会員制ボトラー、ウイスキーフープ向けの限定ボトルです。

ベンロマック 2011 シングルカスク for ウイスキーフープ(BENROMACH 2011 SINGLE CASK Exclusive for THE WHISKY HOOP) 60.1%

  • 香り…針葉樹、焚いているピート、化学薬品、ミント、温泉卵。
  • 味…生醤油、かつおぶし、後半にベリーやネクタリンのような甘さが出てくる。
  • 総評…煙さの中に赤い果実が見え隠れ。スペイサイド的でない尖り方と奥深さ。

89点

@M’s

ベンロマック2011 シングルカスクをテイスティング

1stフィルのシェリーホグスヘッド樽での9年熟成です。
シェリー樽といえば容量の大きいバット(400〜600リットル)であり、250リットルのホグスヘッド樽が使われる印象はあまりない気が。
希少で特別なシングルカスクといえます。

ひとことで言えば、「骨太なスペイサイドモルト」です。
10年未満とは思えない厚みとキックがあります。
連想したのはロングロウの限定ボトル「RED」、これに近いかな。

ベンロマックのシングルカスク、朧げな記憶をたどったら、モルトヤマさんのやつを以前いただいてました。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログはほぼ毎日更新1,700記事超(2021年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性