台湾ボトラーのカリラ5年。

おなじみのBARで、およっ!というウイスキーをいただきました。台湾のボトラーによる「カリラ5年」です。いやはや、これが秀逸。熟成年数が浅いと思えないほどのバランスの良さ、飲みやすさ。束の間、楽しみました。

いつも以上に真剣ではありませんが、なんとなくの記憶をメモにとどめておきます。

アクアヴィテ ウイスキーセレクション カリラ5y Bar TCRC ジョイントボトル

  • 香り…主張あり。柑橘系のフルーツ、シュークリーム、背景に仁丹。
  • 味…アイラの個性を逆手に取ったような落ち着いた飲み口で爽やか。レモンミルク、燻したベーコン。
  • 総評…驚くほど飲みやすく、おしゃれなアイラ。どういうわけか南国的な印象もあるフュージョン的なモルト。熟成年数が進んだものだけでなく、これよりも若いバリエーションも試したい。

@どれすでん

アクアヴィテ ウイスキーセレクション カリラ5y Bar TCRC ジョイントボトル

アクアヴィテ(AQUA VITA)社は台湾で2015年にスタートした新進気鋭のボトラーだそう。「生命の水」って名前がいいですよね。アクアヴィテと聞くと、1494年のスコットランド王室財務係による「王の命令により修道僧ジョン・コーに8ボルの麦芽を与え、アクアヴィテを造らしむ」と記された文献のことを思い出してしまいます。

アクアヴィテ代表のアレン・チェンさんが買い付けた樽をもとにしたシングルモルトは、昨年2018年からすでに日本でも一部が数量限定で販売されています。

この「TCRC」とは台南にある人気のBARで、同店10周年を機に初めて出したプライベートボトルとか。アルコール度数59%という数字は「ほんとかいな」と思うくらい、飲みやすく爽やか。シングルモルトとしてはもちろん、ウイスキーカクテルのベースとしていただいたら最高ですね。ふだんの「ロブロイ」とか「オールドファッションド」とかクラシックなカクテルが、個性的な味わいになるに違いありません。

台湾、行ってみたいなぁ。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性