スキャパ16y。終売なので、飲んでおけるうちに記録しておかなきゃ。

前頁の続き。キャンベルタウンから一気に北上して、オークニー島産のお酒に。こちらは穏やかで春っぽいアイランズのモルトです。

スキャパ16y(ペルノ・リカール)

  • 香り…アーモンド、オイスターソース。全体的に燻煙と石けんが入り混じったよう。後半はホワイトチョコレート。
  • 味…ライト。だがスカスカとはしていない。クリーミーでマイルド。
  • 総評…燻煙をまとったシロップのよう。ロイヤル・ロッホナガーを彷彿させるミルキーな甘さ。晴天の昼間にチビっとやるのがオツなもの。
  • 次に飲むのは?…ベンローマック10y。スペイサイドながら、煙くてスパイシーなほうに。このスキャパ、甘→辛を往来したくなる。

@カドヤ黒門町スタンド

スキャパ16y
骨太でエッジの効いたほうが好きなので、スキャパはぼくには平和すぎかなぁ。

16年は終売だそうで、今後はノンエイジがレギュラーになるんだって。よりメジャーになる機会を得ようということか。年数表記のあるほうが、想像力がはたらく気がするし、この流れはどうも乗れないな。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性