サントリー白角をロックでスルスルと。

自宅飲みブレンデッド更新。休売のアナウンスがあったから。ではありませんが、なんとなく潜在意識にあったのかな。サントリー白角をためしてみました。白角、すでに生産は終了している模様。気になる方は見かけたら購入しておいたほうがいいですよ。

今まで前向きに飲む機会がなかったのですが(今回も酒屋さんが閉まっている時間に、コンビニで消極的に購入)、改めて飲んでみてけっこう気に入りました。角瓶より白角が断然好みです。

「角ハイ」マーケティングで人気爆発し、今に定着した「角瓶」のイメージですが(角瓶ブランドのうち、白角が占める割合は5%)、角瓶とこの「白角」では個性が全く異なります。

角瓶が2種「山崎」と「白州」のバーボン樽原酒とグレーンを使用しているのに対し、白角は白州の原酒とグレーンです。サントリーのシングルモルトで山崎よりも白州が好みという方は、白角を選択するんじゃないでしょうか。

ストレートで飲んで穏やか、氷を少し入れると甘みが増してさらに飲みやすくなります。デイリーのウイスキーとして飲む分には、まずまずだと思います。

けれども、なにしろ休売です(事実上の終売でしょうね)。

白州12年も休売となり、山崎と白州といったシングルモルトは、べらぼうにプレミア化した長熟ものを「置いている店があれば」「ハレの日にいただく」といった高嶺の花になってしまいました。

角ブランドを途切れさせることはないとは思いますが。皮肉なことに、この大人気が続けば続くほど、サントリーが自社ウイスキーの生殺与奪権を振るう時期が早まります。在庫なし、在庫なし、か……。実はある、なんていうストーリーがいいなぁ。

もったいぶってもしょうがない。飲み手としては、見かけたときに飲めるとき、チャンスを逃さず速攻で飲むべきですね。

白角はストレートでもロックでもOK

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

紙もウェブもやる編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性