グレンファークラス パッション、Passionというより”suffering”。

グレンファークラス パッション

自宅飲みシングルモルト更新。
今回はスペイサイドの名ブランド、グレンファークラスのドイツ向け限定リリース「パッション」です。
近所の酒販店で購入し、700mlボトルお値段5,480円(税抜4,980円)。

グレンファークラス パッション 46%

  • 香り…やや金属的で溶剤のよう。生木っぽさ、サバラン。
  • 味…オイリーでずんぐりとしたボディ。ラズベリー、沸かしかけて止めたコーヒー、余韻はそこそこ。
  • 総評…若干のえぐみと、かなりの苦味。カスクストレングスと間違いそうな太いボディだが、ややアルコール的で好みが分かれそう。

採点不可

グレンファークラス パッションをテイスティング

グラント親子の写真が貼り出されたケースには、そこはかとなくブートレグ感が……。
うっすら危険な感じはしたのですが、まさかまさか。
ショッキングなグレンファークラスに遭遇してしまいました。
ある意味シェリー樽の当たりくじを引いたのだと自分に言い聞かせましたが、途中からもう無理。
これは冗談キツい、ほんとにグレンファークラスなのか、中身が違うんじゃないかと疑いたくなった代物です。

キャップのコルクがダメ(ボロボロ)だった時点で「あぁ、しまった」と嫌な感じで、やっとのことで開栓して味わってみて「……」と閉口してしまうものでした。
慌てて中身を別瓶に移し替えたものの、この後どうしたものか処置に困ります、うーむ。

開けて一晩、前夜は勘違いだったのではと思い、もう一度口にしてみたのですが……傷口に塩でしたね。
加水して飲めば多少は良くなるかと思いきや、その選択も拒まれてしまいました。

まいっか、失敗失敗、笑ってやってください。
たまたま状態が良くなかったのだ、きっと。
なかったことにして、次に行きます。
今さらながら、並行輸入品の怖さ……ですね、あっはっは(乾)。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログはほぼ毎日更新1,700記事超(2021年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性