戸河内8年、飲みやすさこそ長所。

戸河内8年

広島県廿日市市の中国醸造が送り出しているブレンデッドウイスキー「戸河内」。
その限定版である8年をいただくことができました。

こんにちは、hirokiです。
今日は広島の地ウイスキー、戸河内8年についてメモを少し。

戸河内8年 40%

  • 香り…入口はサウナのような蒸した香り。干しぶどう、プリンのカラメルソース。
  • 味…軽くて飲みやすい。テーブルコショウ、プッチンプリン、なぜか後方にカルピスウォーター。
  • 総評…マイルドを越えて、スカスカした感じ。この飲みやすさこそ長所なのかも。

75点

@日下部

戸河内8年をテイスティング

この「8年」は、戸河内の貯蔵庫で熟成させたグレーンスピリッツが大元になっているようです。
そこにモルトウイスキーを混ぜているのですね。
この戸河内に自社のモルトウイスキーがどれくらい含まれているのか、含まれていないなら海外から輸入したモルト原酒を使用しているのでしょうけど、そのあたりを想像してみるのも面白いですね。

もっとも、今の話題として中国醸造の蒸留酒といえば、むしろクラフトジンです。
和のテイストを感じさせるジン、試してみて損はないですよ。
2021年には桜尾ブランド初のシングルモルトのリリースを予定しているそうですから、こちらも楽しみです。

戸河内って、BARでよく見かけるのですが、飲んだことがなかったのです。
良い機会になりました。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性