フォロワーを獲得したら、フォロー外しの「中の人」。

商売でSNSのアカウントを運営している人へ。Instagramで、自分のことをフォローしてくれる企業さんやお店さんがいてくれて、それはうれしいのですが。すぐフォロー外すくらいなら、フォローしないでください。めんどいので。

こちらがフォローバックしてまもなく、いきなりフォロー外しする「中の人」が、ごく一部ですが、いるんです。いやもうネットでは全然珍しい話じゃないし、ましてやSNS界隈でこんなことを言うのは野暮の極みですが。

個人のユーザーさんならわかるんですよ。むしろ気分次第でどんどんフォローしてほしいし、その逆もまたしかり。

Twitterにせよインスタにせよ、こいつの投稿うぜぇとノイズに感じたら、フォローを外してもらったほうがいい。投稿する側としては自分の尺度ってものがありますし、自分の状態は正しく知っておきたいですから。そのひとつの目安がフォロワー数なわけです。

がしかし。これ=フォロー外しを、プロの商人が自分の屋号のアカウントでやるのは、いかがなものかと思います。

ぼくがインスタでそれを何度かされたんですが、怒りはしないまでも、それをしてきた相手に対するイメージは落ちました。いつぞやは有名ホテルチェーンの「中の人」がそういう行為をしてきて、「なんにも考えてないんだなぁ」とあきれましたね。

自分のことをこんな企業やお店がフォローしてくれたんだとうれしくなり、フォロバする。ほどなくして、それを確認した相手がしめしめと自分をフォロー外し……。お行儀よくないですね。

商売は、いやBtoBの企業だって、ファンを獲得してナンボでしょう。ネットの世界だからというエクスキューズ付きだとしても、された側の気持ちを想像することがもう少しできないかねぇ。むやみやたらにフォローし、フォローされたらフォローを外すような、浅はかなマネはできないはず。

SNSなんざ、マスよりも拡散されやすい世界。それを言われでもして客足に影響が出たらどうするの? そういうことまで頭が回らないのかなぁ。

というわけで、「中の人」ご用心。中途半端なことをするくらいなら、SNSユーザーに媚びないほうがいいですよ。それにやってることは、時間泥棒そのものです。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性