深田恭子さんはゴールデントライアングルではなかった。

「求められること、したいこと、できることが一致している人」が幸せで輝くことができる——。
こういう人を「ゴールデントライアングル」と称えたのが三浦しをんさんです。
エッセイ『桃色トワイライト』(新潮文庫)を読んでみてください。

これに当てはまる人としてパッと思い浮かぶのが、矢沢永吉さんです。
他に誰がいるでしょう。
2つは当てはまっても、3つとなると難しいんじゃない?

深田恭子さんが適応障害で芸能活動を休止するというニュースが流れてきました。

傍目には理想の30代リア充というか、満ち足りているようでしたから、分からんもんです。
いかに表層的なところしか見えてないか。
年齢とともにアイドル的な立ち位置から微妙に変えていき、今ではサーフィンでアクティブな意外性を見せたり、映画やドラマで悪女っぽい面を見せたりと、うまく変貌しているようでしたが。

実像=真の(現実の)自分と、虚像=周りから望まれている深田恭子

との間でギャップが、年齢を重ねるとともに埋め難くなっていったのかもしれない。
特に芸能界は顕著で、ギャップを上手に埋めている、あるいは自分のイメージをガラリと変えられた人は……結果うまくやってますよね。

深田さんはおそらくプロ意識が高かった。
だからこそ今までゴールデントライアングルであるかのように見えていたけれども、ここにきて長年の金属疲労が顕在化した。
でもね、また輝きを放って戻るんじゃないかな。

同じ芸能界でもタカラジェンヌ=宝塚歌劇の女優さんは、退団後に全く別の人生を歩んでいる人がほとんどです。
宝塚歌劇以外の演劇、映画、テレビなどで芸能活動を続ける人のほうが少数。
元トップスターというハクをもってしても、いつしかファードアウトという人もザラです。

芸能活動を続ける人ですら、退団直後は一時的にオフを設けるもので。
「出ずっぱり」で、マスコミやファンから常に「見られっぱなし」だと、そりゃ無理がたたるってもの。
深田さんのような長寿の売れっ子ほど、仕事を選ぶこと、オン・オフのメリハリが大事です。

もちろん、常に人に見られるからこそ、若さや美貌を維持できる側面はある。
けれどエンジンを切る時期があるからこそ、より長くポテンシャルを維持し、ピークを保つことができる。
5年のブランクを経て復帰した花總まりさんを見るとそう思います。
花總さんもおそらくゴールデントライアングルの一人では。

楽器のトライアングルは片隅の角が途切れているからこそ、きれいな音が出る。
欠けているくらいで良いんじゃね。
完全なゴールデントライアングルなんてね、とうそぶいてみる。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性