スイス産のシングルモルト、ランガトゥンのシェリーカスクフィニッシュ。

1杯目のインパクトがあったため、続くウイスキーをどうするか。ここは店主にリコメンドをお願いするのがいちばん。で、これはどう?と勧めてくださった1杯をいただきました。スイス産のシングルモルト、ランガトゥン(ランガタン)です。

ランガトゥン シェリーカスクフィニッシュ 46%

  • 香り…主張あり。イチジク、ココア、干し草。
  • 味…とろりとしてディープ。クローブ。ドライフルーツの盛り合わせ。TOPSのチョコレートケーキ。後半にクルミ、若干の胡椒っぽさ。
  • 総評…スペイサイドのシェリー樽熟成、それも長熟のシングルモルトを彷彿させる極甘口の味わい。食後のデザートモルト。

@ですぺら

ランガトゥン シェリーカスクフィニッシュをテイスティング

1杯目のポルフィディオ2Gに負けないシングルモルトということで、店主・中村元昭さんに相談して決めました。いただいてみると、シェリー樽の良いとこ取りしたかのよう。あまりに粘性の高いテクスチャーに、最後のほうは水を少し口に含んで飲んだくらい。程よいバランスが取れるようでした。

このランガトゥン、おそらく熟成年数は5~6年。にして色合いも味わいも濃ゆい。ブラインドで出されたら、スペイサイドの長熟ものかなと間違えそうです。がしかし、スコッチとは似て非なる個性がありました(被らないです)。尋常ではない深さとともに、固有の個性を感じました。

スイスにウイスキーの蒸留所というと、ちょっと意外な気もしませんか? このランガトゥン蒸留所、ヤコブ・バーンバーガーさんによって1857年創業。あのグレンフィディック蒸留所(1887年創業)よりも歴史が古いんですね。一度は閉鎖の憂き目に遭ったものの、2005年に4代目のハンス・バーンバーガーさんが継承。その3年後の2008年には、少量の予約販売のみボトルをリリースしたようです。

あまたの世界各地の蒸留所よりも小規模らしいのですが、年間生産量や蒸留器の数・仕様などの詳細は不明です。武蔵屋さんのサイトを見てみると、在庫僅少でほとんどのボトルが品切れとなっています。

公式サイト(英語)によれば、ジンやウォッカも造っているし、ビジターセンターを設立したりガイドツアーも行ったりしているようです。かなり活発に稼働中で、要注目のクラフト・ディスティラリーではないでしょうか。次の限定リリースはいつかも不明ですが、楽しみに待つことにします。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

紙もウェブもやる編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性