備えて安心のグランツ18年。

グランツ18年

自宅飲みブレンデッドウイスキー更新。以前から飲んでみたかった「グランツ18年」を試してみました。

ウィリアム・グラント&サンズ社といえば、このブレンデッドのグランツよりも、グレンフィディック、バルヴェニー、キニンヴィのシングルモルト3銘柄をまず思い浮かべますが……。

グランツ18年はマスター・オブ・ウイスキー(ウイスキー文化研究所の最高認定資格)のひとり、森田規代子さん(大阪の「BARピーコート」店主)が同研究所の冊子のインタビュー記事で勧めていた記憶があり、この機会に購入しました。近所のリカーマウンテンで6,450円(税抜5,980円)。

グランツ18年

  • 香り…かなり控えめ。加水してようやくアップルパイ、アソートキャンディ、肝油ドロップ、レモン、グレープフルーツ。
  • 味…ストレートではやや辛み。クセがない。が、飲んでるうちに徐々に甘みが。麦、生姜、ダシ汁。かと思えばブラックペッパー。
  • 総評…ちょっと骨のあるブレンデッドウイスキーを飲みたいときに重宝しそう。クセがなく、広く親しまれそうな味わい。シングルモルトのアピールする個性が苦手な人に、ぜひおすすめしたい。

ブレンデッドは軽く飲みやすいのが相場。このグランツも確かに飲みやすいのですが、飲んでいるうちに、表情が次々に変わる愛くるしさがあります。

外飲みよりは、自宅でホッとひと息つきたいとき。家族や友人とワイワイやるとき、傍らにあると心強い、そんなウイスキーです。

自宅でグランツ18年

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性