アベラワー10年。シングルモルトを気軽に楽しむなら。

アベラワー10年

自宅飲みシングルモルト更新。個人的にBARなどの外飲みであまりいただくことがないアベラワー、その10年です。

アベラワー10y

  • 香り…ソフト。ライム、シークワーサーなどの柑橘類。テニスボール。後半にオーク、ハチミツ。
  • 味…ライトボディでスッと入る。卵サンドイッチ、コンソメ。出口は黒胡椒の辛みを帯びながらたなびく。時間をおくと甘さが優先し、チョコチップクッキーなどが。
  • 総評…余韻が意外に長い。10年とは思えない落ち着きよう。食前食後あらゆるシーンに応えるスタンダード。

自分の未熟な舌を棚上げして、失礼を告白しますと。ウイスキーにハマりたてのころ、最初スペイサイドのシングルモルトって、どれも似たり寄ったりに感じたものです。

そのなかでも、グレンファークラスやキニンヴィに突出した何かを感じ、だんだんと世界が広がっていったものです。

アベラワーもぼくにとっては真っ当であり、特徴を捉えがたい1種。

現在アベラワーは仏ペルノ・リカールの所有(ザ・グレンリヴェットでおなじみ)で、オフィシャルの12年、16年、18年はいずれもダブルカスク・マチュアード。

さらにアブーナのような、気軽に自宅飲みするにはためらわれる1本もあります。横一線に飲み比べたいところですが、それは別の機会に。

この10年は近所のリカーマウンテンで3,540円(税抜3,280円)で購入。濃い色合いといい、意外な余韻といい、価格からすれば飲みでのある1アイテムです。

これがスタンダードであるがゆえ、価格を鑑みればスコッチの持つレベルの高さが誰でも分かる1本かと思います。

アベラワー10年をテイスティング

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性