清里フィールドバレエ 31周年記念ボトル、秩父の引き出しの多さ。

清里フィールドバレエ 31周年記念ボトル

複雑極まり、万華鏡のように変化するイチローズモルトでした。

清里フィールドバレエ2020 31周年記念ボトル イチローズモルト(KIYOSATO FIELD BALLET Ichiro’s Malt) 63.4%

  • 香り…グリコのチョコレートっぽさの後、ピートが立ちふさがる。アネモネ、クローブやシナモン、トロピカルフルーツ。
  • 味…鋭角的で甘辛のバランス。蜂蜜、シナモンのラテ、ロールケーキの甘さの後に意表を突く唐辛子。
  • 総評…パワフルで起伏の激しいシングルモルト。万華鏡のような変化を口にするごとに楽しめる。

88点

@LEAP BAR

清里フィールドバレエ 31周年記念ボトルをテイスティング

山梨県の清里高原「萌木の村」で毎夏開かれている野外バレエ公演「清里フィールドバレエ」をイメージして造られた秩父のシングルモルトです。
2021年で第32回を数え、内外のバレエファンはもとより、バレリーナにとっても憧れの公演とか。

もともとこの限定ウイスキーは、清里フィールドバレエが第25回の節目を迎えたことを記念し、サントリーが白州25年と山崎50年を混ぜたオリジナルブレンデッドを限定リリースしたのが最初。
これが「Best Japanese Blended Whiskey of the Year 2014」を受賞して以降、秩父蒸留所が第26回〜29回の記念ウイスキー(原酒は羽生)を、第30回はサントリーが白州30年と白州32年を混ぜた希少ブレンド(世界15本限定)をリリースしました。

で、2020年版のこちらは……実に複層的で複雑。
イチローズモルト7年が原型だそうで、起伏が激しいというか、グラスを口にするごとに感じる変化が実に愉しかった。
このボトルだけで、秩父の多彩なバリエーションや豊富なコンテンツを垣間見た思いです。

なお、これらのウイスキーを揃いで唯一飲めるのが、萌木の村のホテルハット・ウォールデンの「BAR Perch」。
萌木の村ができたばかりのころ、このホテルに一度だけ泊まったことがあるのですが、そのときはウイスキーはおろかBARも全然知らなかったので。
おっさんになった今、早く行ってみたいです。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性