ロングロウ18年。鋭角の中に柔和な顔。

ロングロウ18年

銘柄でマイフェイバリットスリーを選ぶのであれば、シングルモルトウイスキーの中で間違いなく入るのがロングロウです。なぜ好きかと聞かれても答えに窮すのですが、強いて言えばストロングで、多面的な特徴があるところでしょうか。その18年をいただきました。

ロングロウ 18y

  • 香り…強くチクチクと鼻腔を刺激する。塩漬けしすぎたベーコン、キッパー、クランベリー、煉瓦塀、奥のほうにビート。
  • 味…ミディアムボディ。一味唐辛子、レッドカラント、グーズベリー。後口はホットで辛い。余韻は中程度。
  • 総評…パワフルで複雑、鋭角的でもあり柔和でもあり、多面的な表情を映す。雨の降った後の練塀のような匂いも感じさせる。

@鎹

ロングロウ18年をテイスティング

輸入元のウィスク・イーのサイトによると、「シェリー樽60%、バーボン樽40%」を使用(2017年リリース)。シェリー樽はリフィル樽ということで、その影響度合いは濃くないのかなと思いましたが、このシャープでタンニンな触覚は、ヨーロピアンオーク由来なのかしらん。それを、1stフィルのバーボン樽で軌道修正し、バランスをとったというところでしょうか。

この18年も本数限定、毎年少量生産です。ロングロウはワイン樽のリミテッドが素晴らしいのですが、あまり見かけませんね。スプリングバンク蒸溜所のスプリングバンク、ロングロウはどちらも好きですが、これからはより手が届きにくくなることでしょう。ま、「たまーに飲める」くらいの限定本数くらいが、いちばんありがたみがあるのかもしれません。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性