『神戸・続神戸』白昼夢のような戦時下の交流譚。

『神戸・続神戸』(西東三鬼)

小説の体裁をとっていながら、現実のように感じられる物語ってありますよね。私小説とか、実在の人物をモデルにしているとか。昭和初期の俳人、西東三鬼の著した『神戸・続神戸』(新潮文庫)も私小説を読んでいるかのように、登場人物の行動を間近で見ている錯覚に襲われます。

『神戸』の舞台は第二次大戦下の神戸、トアロードにあるホテル。米軍による空襲がいつきてもおかしくない切迫した情勢のなか、ここに止宿する「私」とホテルに出入りする男女との不思議な交流が、全10話からなる短編で描かれます。『続神戸』は戦後の「私」が書いた続編です。

この国際ホテルに出入りする外国人、日本人が実に魅力的なんですよね。のべつ嘘をついてばかりのエジプト人マジット・エルバ氏、「私」の同棲相手・波子、生真面目な台湾人青年・基隆、生活のために春を売ることが常態化しているバーのマダムたち、などなど。

登場人物のほとんどが神戸空襲以降、哀しい末路をたどるのですが、どのストーリーも有り体の悲劇で終わらない。男女・国籍を問わず、間違いなく心通わせる交流があり、「私」の視線はどこまでも優しい。「私」がインテリでモテ男なのが分かりますけれども、ハートが丈夫でないところに妙な共感を覚えます。東京での生活に嫌気が差し、神戸に逃げてきたという背景をはじめ、すぐいろいろなものから逃げ出したくなる弱さ。

それでいて人間観察力が抜群なんですね。他人のことをほっとけない、こんなはずじゃなかったのに付き合ったり、面倒を見たりしちゃう。「私」の周りはいい奴、いい女ばかりでなく、生き馬の目を抜くコスモポリタンもぞろぞろと出てきます。

そういう人も含めて、それでもなお嫌な気持ちにならない。なぜだろうと考えたのですが、なるほどそれは周辺人物と共通する信仰(この場合、価値観という言い方のほうがしっくりくる)があったから。その信仰とは……物語と巻末の森見登美彦さんの解説を読んでください。もしも自分が「私」と同じような体験をしたなら、ほんとうにこの出会いはあったのかと、まるで幻を見たかのような気分になるでしょう。そんな読後感です。ちなみにぼくは第七話の「自動車旅行」がお気に入り。

これ読んで、久しぶり(約2年ぶりかな?)神戸に行きたくなってしまい、9月に宿を取ってしまいました。ついでに大阪、京都も訪ねてみようと思います。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性