喫茶店LOVE(7)「ストーン」でウイスキーティー。

ストーン 有楽町ビル店

東京・有楽町駅前にあるレトロビル、有楽町ビルヂングにある喫茶店「ストーン」に行ってみました。オープンは同ビル竣工年の1966年。創業から50年を超える老舗です。

同じビルには映画館「有楽町スバル座」のほか、多数の店舗やオフィスが入居しています。「ストーン」は有楽町駅側の入口から中に入り、1階通路右側にあります。

店内は御影石を用い、有機的なカーブに包まれたレイアウトに、丸みを帯びたテーブルとイスがぴったりと調和。胎内とそれを形成する細胞を彷彿させるものがあります。要するに安らぐんですよね。

メニューはホットコーヒー、ホットココア、ホットティー(いずれも590円)ほかソフトドリンクなどオーソドックス。個人的にはミルクセーキ(810円)がうれしいなと思うのと、日本茶と昆布茶の存在(いずれもようかん付き、750円)に意外性を感じました。

当初コーヒーを飲むつもりでしたが、メニューをつらつら眺めて、これは!という飲み物を発見し、予定を変更しました。下の写真です。

「ストーン 有楽町ビル店」のウイスキーティー

「ストーン 有楽町ビル店」メニュー

ホットコーヒーか紅茶に見えます? こちら「ウイスキーティー」(750円)というもの。紅茶にラムやブランデーを垂らすのは聞いたことがありますが、紅茶にウイスキーの組み合わせは日本では珍しくないですか? 聞けばジョニーウォーカーブラックが入っているとか。

ひとくちふたくち。あくまで茶葉が主役であり、ジョニ黒の煙さは鳴りを潜めています。が、ひじょうに味わい深い。「濃く入った、深みのある紅茶」という感想です。予備知識なく飲んだら、ストレートティーと区別がつかないかもしれませんが、アクセントとしては良いですね。

ランチ後おなかいっぱいだったので、今回フード系は頼みませんでしたが、次に伺う際は人気メニューのフルーツサンド(650円)とともに、ドリンクを楽しもうと思います。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性