アーーーーーードベッグ、甘・苦・酸のドライブ感。

アーーーーーードベッグ

長いアードベッグです。
結論、うんまっ!
久しぶりのアードベッグ、めっちゃ楽しめました。

アードベッグ アーーーーーードベッグ!(ARDBEG Arrrrrrrdbeg!) 51.8%

  • 香り…入口はピート、燻製したハム、ヘーゼルナッツのラテ。和菓子の最中の後に場違いな柑橘。
  • 味…苦甘いスタート。仁丹、金柑、ワインビネガー、酢漬けの谷中生姜、クリーム。
  • 総評…おなじみのピートで入るものの、続々と甘・苦・酸がうねる。全く飽きさせない変拍子のドライブ感を楽しめる。

90点

@LEAP BAR

アーーーーーードベッグをテイスティング

ライウイスキー樽で熟成させたノンチル、カスクストレングスのアードベッグです。
いやもう、旨いのひとことですが。
スペック不明のまま「??」と飲んで、後からライの樽と聞き、納得できるようなできないような。
とまどいました。

このネーミングのオンビキの長さが「うまーーーーーーいっ」みたいな、快哉を叫びたくなる旨さと言いたいのでしょうか。
毎年のことなのでオフザケのネーミングも、すっかり定着した感。

このアードベッグは13年にわたり蒸留所長を務めたミッキー・ヘッズさんの退任を記念した、コミッティー会員限定ボトル。
ボトルに描かれているのは海賊姿のミッキーさんで、パイレーツ・オブ・カリビアンならぬパイレーツ・オブ・ヘブリディアン(ヘブリディーズ諸島)の意味だそうな。
発想力の豊かさや実験を面白がる余裕→話題になる→リピーターやファンが増える……という、ビジネスで成功しているからこそ生まれる好循環。
遊び心だけでなく仕掛けも派手で、毎年リミテッドボトルを目にするたびに「やり手だよなぁ」と感心させられます。

ミッキーさん引退後、どのようなものを出してくるのかも楽しみです。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性