グレングラント2008。研ぎ澄まされたバランス感覚を垣間見る。

ゴードン&マクファイル グレングラント 2008

老舗ボトラー、ゴードン&マクファイル(GM)の「グレングラント」蒸留所ラベルです。蒸留所公認でかつての意匠をラベリングできるなんざ、いにしえから業界に貢献し、蒸留所と深い関係のあるGMだからこその芸当です(フツーはOKされないでしょ)。

なかでも、GMとの深い結びつきが語られることが多いのがグレングラント。長熟ヴィンテージがなかなかの値段でネットに出回っていますが、今回ためしたのは最も手ごろな9年物です。これ、飲みやすさとしっかりしたボディが両立した、コスパよい1本でした。

ゴードン&マクファイル グレングラント 2008 43%

  • 香り…強い主張。樹液、サバラン、レーズン、ラム酒の味つけしたシフォンケーキ、
  • 味…コク甘ライトボディ。レーズンバター、砂糖がけのナッツ。後半は角砂糖たっぷりのミルクコーヒー。
  • 総評…シェリー樽の特徴を感じさせる濃さ。レーズンや角砂糖の強さ。それでいてベットリしすぎない。

@カドヤ黒門町スタンド

ゴードン&マクファイル グレングラント 2008をテイスティング

1stフィルのシェリー樽(ホグスヘッド)と再活性=リフィルしたバーボン樽で熟成されたとのことですが、その比率構成までは分かりません。ただ、飲んでみた感じは、一目でシェリー樽と分かる濃さがあります。それでいて、味わいは押しつけがましくない。お求めやすいモルトでこの出来。毎度恐れ入ってますが、GMの冴えわたるバランス感覚を垣間見た思いです。

バーボン樽系の比較的穏やかなシングルモルトを好む人が、「今日はもう少し“飲んだ感”がほしい」ときに飲むのにベターかなと思います。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性