ポートアスケイグ 100プルーフ。アイラの好感な一側面。

ポートアスケイグ 100プルーフ

英国のリカーショップ、The Whisky Exchangeオーナーのスキンダー・シンさんが設立したボトラー、スペシャリティ・ドリンクス。「ザ・シングル・モルツ・オブ・スコットランド」「エレメンツ・オブ・アイラ」などのシリーズをリリースしています。そのスペシャリティ・ドリンクスによる銘柄のひとつ、ポートアスケイグをいただきました。

ポートアスケイグ 100プルーフ 57.1%

  • 香り…入口に主張あり、すぐになだらかに引いていく。鰹出汁、仁丹、苔、シダー。レモンソースのステーキ。
  • 味…ミディアムボディ。マスタード、ホウレンソウのおひたし、ラズベリーの甘み。後口は唐辛子。
  • 総評…たゆたう藻と若干のシトラス感。比較的とっつきやすいアイラとして、間口広く好まれそう。

@カドヤ黒門町スタンド

ポートアスケイグ 100プルーフをテイスティング

ポートアスケイグという名称は、アイラ島のカリラ蒸溜所に近い港町に由来しています。蒸溜所名や熟成年数は非公開ですが、個人的には中身はカリラと推測。名称がヒントになっているし、味わいの印象(アードベッグっぽさも)からもきっとそうだろうな、と。

余談ながら、英国のプログレバンドのキング・クリムゾン(大ファンです)が、2017年の世界ツアーでエレメンツ・オブ・アイラのラベルをもじったビジュアルクリエイティブを展開していて(そのタイトルも「THE ELEMENTS OF KING CRIMSON 2017」)、なんだか面白かったですね。ロバート・フリップ師、スコッチ好きなんだろうか。

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人|ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート|SMWS会員|訪問したBAR国内外合わせて200軒超|会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年)|ひとり歩き|健全な酒活|ブログは不定期更新2,000記事超(2022年11月現在)|ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性