ウイスキー文化研究所のテイスティングセミナー(4)に参加しました。今回は6銘柄のブラインドです。ちゃんと当てましたよ。

2016年、皆さんはどんな年でしたか? ぼくは自分史上で一番行動した1年となりました。2017年はさらに感度を上げて動いていきます。

2016年の締めくくりは東京・広尾のウイスキー文化研究所で開催のセミナー(ウイスキースクール第4回「土屋守、テイスティングの真髄を語る」)参加してきたときの振り返りを。

シリーズ初となる全銘柄ブラインド。銘柄を隠して「何かあててみ」というやつです。が、今回は事前に銘柄が開示されました。

テイスティングは6アイテム

6種類のスコッチは、A〜Fのどのグラスに該当するのか。アロマとテイストで見分け、点と線を結ぶのです。

  • クラガンモア12y(スペイサイド)
  • ダルウィニー15y(ハイランド)
  • グレンキンチー12y(ローランド)
  • オーバン14y(ハイランド)
  • ラガブーリン16y(アイラ)
  • タリスカー10y(アイランズ)

与えられた時間は30分。その中で香りと味、総合評価をノートにしたためなければなりません。しかも講師の土屋さんは、加水後はどうなのかまで聞いてきます。土屋さんが解説を始めるまで銘柄はすべて書けたのですが、3銘柄が時間切れで詳述に至りませんでした。

土屋さんは一問一答ではなく、何人かにアウトプット発表させ、全員に挙手で回答を聞きます。正解をなかなか明かさず、引っ張ってくれます。ワクワクしますね。

さて、結果は……?


4勝2敗でした。

かなり自信があったので、ガクッでしたね。グレンキンチーとオーバンが逆だったのです。アイラモルトのラガブーリン、潮の香りがするタリスカーは、さすがにすぐ分かりました。
発見は、クラガンモアが意外にライトボディで、ダルウィニーがデザートにうってつけの濃厚な甘さだったこと。悔しいのは、キンチーを間違えてしまったこと。これ、いまボトルキープしてるお酒なのです。言い訳できません。

が、内心ちょっとガッツポーズなことが。ぼくの席の真後ろにMHDモエヘネシーディアジオのアンバサダー、ボブさんことロバート・ストックウェルさんが着席されていまして。そのボブさんと、銘柄回答が同じだったのです。ボブさん、「タリスカーを間違えないでよかったデス」と流暢な日本語でジョークを飛ばすイケメンでした。

 

今回4回目で、今のところ遅刻・欠席なし。好きなものだと、こんなにも熱が入るのですね。土屋さんから「だいたい月イチ開催で、2年がかりになるだろう」と聞いたときは、そんなに長い道なのかと驚き(小躍りし)ましたが、もはや極めるしかありません。

2017年も楽しみです。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性