めちゃ甘、ジェームズ・E・ペッパー1776 ストレートバーボン。

独立宣言批准の1776年に設立され、1958年まで稼働していたオールドペッパー蒸留所(米ケンタッキー州)。
以降長年放置されていた蒸留所ですが、2017年にジョージタウン・トレーディング社によって蒸留が再開されました。
50年ぶりに復刻し、発売されたジェームズ・E・ペッパー1776の商品のひとつ「ストレートバーボン」をいただきました。

ジェームズ・E・ペッパー1776 ストレートバーボン 50%

  • 香り…バタークリーム、レーズンやクルミの入ったドイツパン、サバラン。
  • 味…極甘。マラスキーノチェリー、アイリッシュミストのようなハーブ酒。
  • 総評…氷を入れて飲んだら、めちゃ甘バーボン。食後のデザート代わりにもなりそう。

@KADOYA Brick Stand

ライの比率高いジェームズ・E・ペッパー1776 ストレートバーボン

「ジェームズ・E・ペッパー1776 ストレートバーボン」は、ライ麦の比率が38%。
通常のバーボンよりも、ライ麦の割合が多く占められています。
ライウイスキーは近年のトレンドだそうで、酒販店の棚の目立つところに面陳されているのを見かけます。

このバーボンからはライ麦で形容される「スパイシーさ」は、個人的にはほとんど感じず。
むしろアブサンやドランブイのような薬草・ハーブ系リキュール的な甘さのほうが勝っていたように思います。

このジェームズ・E・ペッパー1776「ストレートバーボン」の輸入元はウィスク・イー。

日本で現在入手できる他のラインナップは、
ジェームズ・E・ペッパー1776 ライ:ライ麦の使用比率90%(アルコール度数50%)
ジェームズ・E・ペッパー1776 ライ バレルプルーフ:上記「ライ」の樽出しバージョン(アルコール度数57.3%)
ジェームズ・E・ペッパー1776 バーボン6年:オリジナルレシピの6年物(アルコール度数46%)

など。

いずれも蒸留所3代目のペッパーさんが遺したレシピを再現しているとか。
原材料ライ麦への思い入れは相当なものですね。
マンハッタンやオールドファッションドなどのカクテルベースで使っても、相当美味しいだろうなと想像させます。

これを機に、ライウイスキーにも目を向けてみることにするかなぁ。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性