ジェネラルウイスキー トレーダーズ アイラと、往時の再生に挑む起業家。

元ディアジオのスコット・ワトソンさんとブライアン・ウッズさんが2012年に設立した、クルーシャルドリンクス。日本ではあまりなじみのないスコットランドのボトラーですが、今後要チェック必至の試みを行っています(後述)。そのクルーシャルドリンクスが手がけた、アイラのヴァッテッド(ブレンデッド)モルトをためすことができました。

ジェネラルウイスキー トレーダーズ アイラ ブレンデッドモルト 62.5%

  • 香り…ややクセある主張。ヨードチンキのような薬品、ヘザー、ドクダミの混じった土。
  • 味…ミディアムボディ。終始ヨード感が支配。その中に生姜入りのココア、鮭のブラックペッパー漬け、キッパー、後半に笹餅。余韻は甘く、長い。後口はバナナやリンゴも。
  • 総評…さほど太いボディではないものの、口にするたび5つの基本味が代わる代わる押し寄せて面白い。

@カドヤ黒門町スタンド

ジェネラルウイスキー トレーダーズ アイラ ブレンデッドモルトをテイスティング

輸入元はウィスク・イー社。カスクストレングスです。聞けば、アイラ島にある二つの蒸溜所の原酒が混和されているそうで。キーワードは「フロアモルティングを残し、”アイラの女王”の異名をとる蒸溜所」と「アイラ島で最も生産量の多い蒸溜所」です。なるほどー。

この二つであれば個人的には後者は好きなのですが、こうして混ぜたものは、思いのほかエッジーです。よく「まとまりがある」という表現を見かけますが、これは真逆。さながら食品売り場で買い物カゴをひっくり返したような、そんなバラエティ性があります。こちらのボトルは国内の複数のネットショップで本日(2020年3月1日)現在、購入できますのでご興味あれば検索かけてみてください(本家の公式サイトネットショップ、およびウィスク・イーさんのラインナップでは見つけられませんでしたが)。

さて、クルーシャルドリンクスを起業したスコット・ワトソンさんとブライアン・ウッズさんの二人は、新たにザ・ロスト・ディスティラリー・カンパニーというブランドを興し、閉鎖蒸溜所のウイスキーの再現を試みています。いにしえの関係者はおろか、原酒も残っていない中で取り組むわけですから、リプロダクトでもレプリカでも、ましてや再興でもない。この試みは、ウイスキーマガジンの記事にあるように「再解釈」といった表現が適切ですね。

記事によれば、二人はもともとクラフトウイスキーのマーケティングを機に、今はなき蒸溜所の酒という着想を次々にカタチにしています。巨大資本がブランドを再興するのとはワケが違う。相当遠大でマニアックな試みゆえ、日本で売れるか(ウケるか)どうかは果たして……。とりあえず、いち小市民としては、キルマーノック南にあるザ・ロスト・ディスティラリー・カンパニー本社(広大な邸宅!)に行ってみたい衝動に駆られた次第です。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性