グレンフィディック21年 ラムカスク。定番の意外性。

グレンフィディック21年 ラムカスクフィニッシュ

おなじみグレンフィディックのオフィシャル21年です。最近限定版のリリースが目立ちますが、こちらもそのうちのひとつ。ヨーロピアンオークのシェリー樽とアメリカンホワイトオークの原酒をヴァッティングし、ラム樽で4か月ほど後熟させて仕上げているそうです。

グレンフィディック21y レゼルヴァ ラムカスクフィニッシュ 43.2%

  • 香り…始終フローラルで華やか。白粉、レモンミルク、途中でバジル。後ろのほうに脱脂綿に含んだ化粧水のような。
  • 味…ミディアムボディ。驚くほどクリーミー。シロップ、レモンミルク、後半にテーブルコショウが鼻から抜ける。余韻は短め。
  • 総評…ミルクのような甘さ主体だが、ハーブ様もあり複雑な様相。フィディックならではの洋ナシのような果物感もしっかり。

@カドヤ黒門町スタンド

グレンフィディック21年 ラムカスクフィニッシュをテイスティング

華やかで樽香もあり、中盤から複雑なバリエーションでやってくる香り。半面、スルスルと飲めるクリームのような味。香りと味わいのギャップに驚かされました。

12年、15年、18年、21年と昔から続く年数表記。年間生産能力は1,400万リットル、蒸留のポットスチルは23基にも上ります。スペイサイドNo.1というか、スコッチのシングルモルトの代名詞的存在ですが、こうした実験的な企画は不定期でも続けていただきたいもの。ぼく自身はIPAがすごくすごく好みなので、そちらを定番化してほしいな。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性