課外活動を重視する。本業つながりでも、それ以外でも。

〆切の合間を縫って、友人と再会。これから主催イベントだそう。彼女の話を聴くつもりが、またまたぼくの自語りになるという。あゝ今回もいろいろ、もらってしまいました。

「giveの5乗」といいますが、ぼくの場合もらいっぱなしがほとんど。なんとか別のほうでお返ししたいのに返せない。なぜなら、くれた相手が遥か先を行ってしまっているから。今日会った人もそうだった。妻であり母であり、常に相手ファーストで、おまけにきれいときた。それでもなお成長したいと、どこまでも前向きです。

そういう人とは会っていてもちろん楽しいし、話せば話すほど脳内スパークするから、またねといって別れた後は、話を整理・咀嚼するために内省の時間が必要になります。

何度も自分に言い聞かせているけど、もっと楽しく、楽しく生きないとね。周りのことを第一に考え、自分ができるプラスのエッセンスを振りまこう。ぼくがそうしてもらっているように。

職場に戻り、〆切を終えた後は、来週のイベントの顔合わせ兼打ち合わせ。こちらのイベントに裏方として参加させてもらいます。

下山の時代を生きる 出版記念トークショー

まだ若干だけど空きがありますよ。3,000円で新著一冊付き。間近でことばの大家が放出する熱量を感じてきます。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性