どうする? ブログネタがないときの対処法。

毎日ブログを更新していると、今日のように「本当に書くことがない」という日に遭遇します。月に一度や二度、いやもっとか。ネタを見つけるどころじゃないってくらい、余白のない日はどうしてもありますからね、ぼくの場合。どうしても手駒がなければ、ひねり出すんです。で、どうするのか。

1.ネタを探しに行く
寺山修司ではありませんが「書を捨てよ、町へ出よう」ですね。ブログを普段からやっている人は、思考がネタを常に求めているので、言うまでもないことですが。改めて出かけてみるのです。ぼくの場合は、まぁ好きなお酒関連ですね。飲みに行ったり、たまにセミナー受けたり。そういったことをネタにします。

目的を持つと全然違った結果が得られます。少なくとも出来事を流すことをしなくなる。日々の日記代わりになるし。

2.ネット、SNSを見る
ヤフトピやツイッターなんかはネタの宝庫。ここで見つけてピンときたトピックをネタにするんです。そのニュースに自分の意見を入れてもよし、新たな着想を得てもよし。愛読している新聞・雑誌があれば、まさそこは宝の山。お気に入りのブロガーさんの記事も、それが参考になることは大いにあります。

3.ひたすら待つ
これは仕事しながらでも、誰かとの会話の断片でも、お風呂の中でもいいんですが。ボーっとしていても、なんとなく「今日は何を書こうかなぁ」と思っていると、ふと書くことが浮かび上がってきます。毎日書くということは、そういうことなんです。「書けない」と思うから書けないのであり、「なにか書く、なんでもいいから書く」というマインドでいれば、おのずと書けるようになります。

4.(番外)更新を休む
ぼくはやったことがないですが(日時が変わっても、とにかく書いてUPするので)。どうしてもネタがなければ、休むのもアリでしょう。負担にならない範囲で続けるのがモアベターですから、負担だなぁ、気が乗らないなぁと思ったら、無理する必要はないでしょう。

けれども習慣化したいのであれば、やはり毎日書くクセをつけたほうがいいですよ。サボる口実なんて、すらすら出てきますからね。そうなってしまうと、元のリズムに戻すのがつらくなるだけ。毎日UPするように体内時計をセットするのがいちばん手っ取り早いです。

「動いている感」を出すためにも、更新頻度は落ちないほうがいい。ブロガーの皆さん、毎日の歯みがきのようにUPを習慣にしていきましょうぜ。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

紙もウェブもやる編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性