キリン富士御殿場蒸留所18年。複雑なエレガンス。

キリンのウイスキー「富士山麓」はさほど好みではないのですが、バックバーの真正面に鎮座するボトルに目を奪われ、衝動的にいただきました。銘柄によりますが、18年はもはや立派な長熟の部類。レアだ、終売だと行く末を案じる前に、見かけた機会を逃してはいけません。

富士山麓18年 ブレンデッド スモールバッチ 2016

  • 香り…穏やかに際立つ。ブドウ、チョコレート、プルーン、マンゴ、こんがりバタートースト。
  • 味…ソフト。ドライフルーツ、コンコードブドウジュース、後半にバニラクリーム。
  • 総評…複雑怪奇なエレガンス。奥深い果実感。驚くほどスムースだが、時間をかけて締めくくりたい。
  • 次に飲むのは…これで終わりにしてもいいが、強いていえば富士御殿場蒸留所シングルモルト17年。

@ザ・キャピトルバー

富士山麓18年スモールバッチ

いやぁ、良いですね。意外なほどバランスに富んでいて、果実前面なのに、押し出しがきつくない。

キリンといえば、上記の「富士御殿場蒸留所シングルモルト17年」のインパクトを思い出してしまうのですが、全く質感の異なる飲みやすさ。スルスルとの喉を通ってしまうので、「おや?」とボトルをよく見たら、ブレンデッドウイスキーだったんですね。

てっきりシングルモルトかと思いました(おいおい)。年数表記があるというだけで、そう思ってしまう思考回路はいかんですね。変な先入観に毒されています。

瓶底の富士山 富士山麓18年

ボトルの下部をよく見ると、富士山がかたどられています。あらゆる層に受けそうなギミックというか。ボトルにこんな印を施すのは、儲けとは別のメーカーによるお大尽なアソビになってしまうのかも。でもこういうの、好きだなぁ。

キリンの「富士山麓」といえば、スタンダードの「樽熟原酒50℃」が2019年3月末で終売と報じられています。もはや評価云々の話抜きに、巷の狂騒に正直ウンザリ気味です。

サントリーやニッカの影に隠れ気味ですが、これぞキリンというような果実感あるウイスキーのリリースにまだまだ期待します。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

紙もウェブもやる編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性