アンノック12y。春夏に飲むにうってつけの爽やかさ。

今回は自宅飲みシングルモルト。ハイランドパークのカスクストレングス→グランツ ファミリーリザーブの後釜です。日本橋三越で9月19日まで開かれていた「三越英国展」で入手した、こちらを抜栓しました。

アンノック12y

  • 香り…オレンジピール、洋梨、レモングラス、石鹸。加水で印象は変わらず。
  • 味…ミディアム。亜麻仁油、レモン水。砂糖入り麦茶。余韻は中程度。酸味が勝るが加水後は甘さが立つ。
  • 総評…夏の高原にいるかのような爽やかさ。芝生っぽさも。果物感が勝るが、味はこれという特徴なし。
  • 次に飲むのは?…グレンモーレンジ ネクタードール。

アンノック12y シングルモルト

アンノック12年

ぬあぁー爽やか。いつまでも嗅いでいたい香り。香りが良すぎて、最初は味覚がはたらきませんでした。こういうシトラス感のあるシングルモルト、久しぶりかもしれない。価格は5,000円前後と費用対効果も悪くないかと。

DCLが1894年に初めて建てたノックドゥー蒸留所。名称がノッカンドゥーやカードゥといった他のウイスキーと誤解されるため、1993年から現在のブランド名で売られてるようです。

三越英国展 2017 ポートエレン

英国展は購入した洋酒コーナーでは、ポートエレンがガラスケースに展示してありました。こりゃまた……。シングルモルト好きという売り場のおねえさんも、嬉々として「ワタシも貯金はたいて買っちゃおうか迷いました~」なーんて言ってるし。

シングルモルトウイスキー、どこまで過熱するのやら。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性