シングルモルト あかし。ぱっと見の穏やかさの中に主張あり。

ホワイトオーク シングルモルト あかし

自宅飲みシングルモルト更新。キッチンの奥にしまい込んだまま、忘れていた瓶を発見。つい先日飲んだ「あかし」シングルモルトのノンエイジ版です。

ホワイトオーク シングルモルト あかし 46%

  • 香り…すりおろしリンゴ、桃、ウスターソース、後半にラムチョップ。
  • 味…ミディアムボディ。甘さ優勢。後口はホットでブラックペッパー。余韻は中程度。
  • 総評…ピート香はほとんどなく、ジャムにブラックペッパーを振りかけたような甘辛の統制。それでいて穏やかなのは、日本酒の蔵元の造る技ゆえか。

兵庫県明石市にあるホワイトオーク蒸溜所(江井ヶ嶋酒造)のシングルモルトです。このノンエイジは、ノンチル&ノンカラーリングで、シェリー樽とバーボン樽で熟成させた原酒のヴァッティング。

学校校舎の昇降口(この言葉がすんなり出てきた驚き)のスノコを彷彿させてくれます。どこか振り返りたくなる懐かしさを覚えます。

ノンエイジのほか、3年と5年がラインナップ。3年は「日本酒カスク」という、蔵元ならではの着想によるアイデアが光る一品もあり、ぜひ試してみたいところ。ちなみに、2010年発売の12年ものはレアな存在らしく、ネットで高値が付いています。

自宅でシングルモルトあかし

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性