ウイスキー文化研究所「バーボン基礎講座」に参加しました。

アメリカンウイスキーのバーボンです。20代のころ、ウイスキーといえば「バーボン」でした。というか、それしか知らなかった。

ロックで飲むのもうまいと思わず、水割りばかりのバーボン小僧。今のぼくにとっては自宅飲みの定番ですが、そのルーツや製法をきちんと知ろうとしたことがありませんでした。

が、ウイスキー好きを自称するなら、この道も通らないとダメでしょう。というわけで、ウイスキー文化研究所が開催するバーボンセミナー全3回の第1回、参加しました。

講師はウイ文研の土屋守代表。前半にバーボンの製法やルーツの講義、後半に5種類のバーボンをテイスティングするものでした。アイテムは5種類。

ジムビーム
ノブクリーク シングルバレル
メーカーズマーク46
エライジャクレイグ12年
ミクターズ スモールバッチ・バーボン US★1

バーボン講座

バーボンやテネシーといったアメリカンをストレートで飲むことは、まずありません。バーボンを飲むのもしばらくぶり。

で、テイスティング中、頭を抱えてしまいました。「あれあれ? お、おいしくない」と。それは言い過ぎとして、とにかくストレートで飲む酒ではない。粗野というか粗暴だったんだなあ、バーボンて。ウイ文研のセミナーで初めて、それも5種類すべて飲み残してしまいました。

今週は連日アクセル全開でウイスキーを飲んだせいか、この日は妙にカラダがだるかったことも原因かも。また、自宅や大勢での飲みの場などで、オン・ザ・ロックやソーダ割りにして気軽に楽しむ分には美味しく感じられたはずです。

そんなこんなを考えたら疲れてしまいました。土屋代表の話やテキストを振り返ってみて、気づきがあれば追記します。