ウルフバーン。経験豊富な造り手が放つ、他のラインナップも楽しみ。

土曜出勤の後。今の時期は疲労がたまる一方。強く意識して自分時間を割かないと、どうかしてしまいそう。考える、顧みる時間はほんとうに大事。休み、休みがほしい。

ウルフバーン 46%

    • 香り…トップノート煙い。長く麦、麦わら。アーモンド、わずかに果実香。加水するとプルーンも。
    • 味…軽くも重くもない中間のバランス。終始麦っぽい。チョコレート。ややハチミツ。後口はドライで早い。
    • 総評…3年でこの出来!老獪さとやんちゃさを兼ね備えた面白さ。それでいて懐かしくもあるような。内省したいとき、ストレートでじっくり。
    • 次に飲むのは?…キルホーマン 100%アイラ。煙くもさわやか、それでいてみずみずしいアイラ系で。

@カドヤ黒門町スタンド

ウルフバーン

ずばり好みです。色はゴールド。若さより懐かしさを感じる。オーチャードナイトで飲んだ、エイコーンのグレングラントを思い出した。麦っぽく、煙く。そんなのも好きなんだ。

ウルフバーン、もともとは19世紀にわずか30年で姿を消した蒸溜所です。独立資本が再興しました。オーナーもマネジャーも相当なやり手で、情熱もセンスもありますね。ウイスキーマガジンに掲載された、ガヴィン・D・スミスさんのルポが参考になります。

それにしても熟成3年なのに、素晴らしい。今年4月の蒸溜所巡りの予定にウルフバーン蒸溜所が入っていて、記録しておかねばとリピしたのだけど、やはり良い。クライヌリッシュよりも上にある、北ハイランドの雄となりそうなオオカミ、今後が非常に楽しみです。