量産への実験、三郎丸蒸留所の「ブレンダーズトライアル」。

三郎丸蒸留所ブレンダーズトライアル Vol.4

自宅飲みブレンデッドウイスキー更新。
若鶴酒造の三郎丸蒸溜所が出した「ブレンダーズトライアル VOL.4」です。
三郎丸蒸溜所の令和蔵ショップで購入。
300mlボトル、お値段2,200円(税抜2,000円)。

三郎丸ブレンダーズトライアル Vol.4 Beer Cask & Re-charred French Oak 43%

  • 香り…尖ったピート前面。ドクダミ、エンバク。
  • 味…強めの塩気、シナモン。次いで瞬間的に小麦粉のような甘さを伴うも、苦みの余韻をもって立ち去る。
  • 総評…昨今のブレンデッドでも、薬品臭の強め。そしてかなり複雑な香味。ライ麦っぽさも。

前記事で紹介した「雷鳥」よりも、さらに鋭角的です。
つまり、飲みやすいブレンデッドウイスキーと思って口にすると、驚くことになります。

真っ先に思い出したのは、シングルモルト「バレッヒェン」のような感覚。

きちんと確認せずに自分用のお土産として購入し、後でよぉくラベルを確認して、ビアカスクにリチャーしたフレンチオークの組み合わせと知るような有様。
言われてみれば、甘辛ならぬ甘苦の複雑怪奇な多面性もあるなと一人合点。

なるほどブレンダーのトライアルというネーミングだけあって、実験的ですね。
実際この味はウイスキー飲みには好評かもしれませんが、一般受けはしないだろうなと容易に想像できます。

なんというか、アパレルメーカーのサンプル品を彷彿させる試み、良いと思います。
こういうチャレンジングなウイスキー、好んで飲みたいという愛好家はたくさんいると思うので、他の蒸溜所もやってほしいですね。

三郎丸ブレンダーズトライアル Vol.4をテイスティング

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性