メロンぎっしり、トマーティン21年。

ザ・モルトマン トマーティン21年 1997

多数のシングルモルト銘柄のなかで、存在を知りながらも素通りしがちなウイスキーがトマーティンです。
失礼な話ですが、嫌いなわけでは当然なく。積極的に飲もうとしないんですよね。
でも、先日偶然いただいたトマーティンはなかなかステキでした。

こんにちは、hirokiです。
というわけで、今回いただけたボトラーのトマーティンのテイスティングメモを少し。

ザ・モルトマン トマーティン21y 1997 49.8%

  • 香り…柔らかい甘さ。折箱。メロン、洋梨などのフルーツの後に、応接間のペルシャ絨毯。
  • 味…ミディアムボディ。入口のキックは弱いが、中盤からメロンが前面に。オランジェット、アーモンド。
  • 総評…香りに折詰弁当の容器のような、木とプラスチックが混じった感じも。それを通り抜ければ、あとは最後までフカフカの飲み心地。

86点

@Moon Shine

ザ・モルトマン トマーティン21年 1997をテイスティング

トマーティンといえば宝酒造が所有する蒸留所としてつとに有名ですが、換言すればそれ以外に形容できるものって……?という感じも。
ですが、1985年の宝酒造買収後は年間300万リットルと少量生産に舵を切ったことで、以前にも増して良質になっているのは間違いないようです。

1997年蒸留のこちらは家族経営ボトラー、メドウサイド・ブレンディング社によるボトリング。
ラベルにリフィルホグスヘッドとだけ記載していますし、飲んだ感じも軽やかでバーボン樽の良いところが抽出されてるなぁと。
もうメロンがぎっしりで、その芳香だけで十分すてきです。

個人的に最近ハードリカーに若干疲れ気味なので、このトマーティンのように「飲み疲れしない」方面に行きそうだと自分で思います。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性