グレンアラヒー11年 ポートウッドフィニッシュ、優しい甘さ。

グレンアラヒー11年 ポートウッドフィニッシュ

「穏やかで甘く、飲みやすい」というのが、おおよそのスペイサイドシングルモルトの特徴ですが。
近年ラインナップを続々増やしている「グレンアラヒー」もそのひとつですね。

こんにちは、hirokiです。
今日はグレンアラヒーの限定版「ポートウッドフィニッシュ」のテイスティングメモを少し。

グレンアラヒー11y ポートウッドフィニッシュ 48%

  • 香り…ほのかな甘さ。ホワイトチョコレート、ウエハース、アーモンドキャラメル、ワックスペーパー。
  • 味…ライトボディ。マガダミアナッツチョコレート、ドライプルーンのジャム、砂糖入りのハイビスカス&ローズヒップティー。
  • 総評…ポートワイン樽という変化球だが、隠し味のように自然なまとまり。最後まで優しい甘さ。

87点

@長谷川

グレンアラヒー11年 ポートウッドフィニッシュをテイスティング

11年はバーボンバレルでの熟成後、ルビーポートワイン樽でフィニッシュをかけたというもの。
強烈な個性・特徴こそないですが、ホッとするというか、飲んでいて気分が優しくなることだけは確かです。
こちらはグレンアラヒーの限定版「ウッドフィニッシュシリーズ」のひとつで、他に9年ライウッドフィニッシュ、11年モステカルウッドフィニッシュが出ています。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性